耐震補強すれば安全に住める

耐震補強すれば安全に住める

耐震補強すれば安全に住める 再建築不可物件は、現在建っている住宅等をそのまま使うことはできるが、いったん更地にしてしまうと再び建物を建てることができない不動産物件のことをいいます。利用に制限があるため資産価値は低くなってしまいますが、価格の安さが却って魅力となり、近年では人気を集めています。
建替えができないということから、再建築不可物件は自ずと築年数がそれなりに経過した住宅等が中心となります。そのため、中には耐震性や防火性など、住宅品質に不安を残す物件も少なからず存在します。
ただ、建替えはできなくとも補修・改修は問題なく行えるので、耐震補強工事を行うなど必要なリフォームを施せば、古い物件でも安全かつ快適に暮らすことができます。再建築不可物件を購入する人の中には、価格の安さを生かして高利回りの賃貸物件としての活用を考えている人も少なくありませんが、リフォームによって住宅の価値を高めれば稼働率の向上を目指すことができます。

再建築不可とされた物件でも販売をすることは十分に可能です

再建築不可とされた物件でも販売をすることは十分に可能です 道路に面している間口が狭いなど、国内には再建築不可に指定している物件は意外と多く存在しています。以前は大きな住宅が広い面積に建っていたような場合でも、古い時代に土地を切り売りしたことで、道路と接触するスペースが少なくなる、若しくは無くなることで再建築不可になるという事情も多くあります。このような住宅に住んでいる方は、建て替えはできない条件になり、簡単な内装リフォーム等はできてもリノベーションの規模も不可とされてしまい、老朽化だけが目立つようになるという悪循環に見舞われている住宅も存在します。
販売しようとしても不利な条件故に価値が無いものと判断してしまうことも目立ちますが、国内には再建築不可物件を得意としている不動産会社が営業をしています。このタイプの会社は、古さに魅力を発揮させることや、手間を掛けて再建築可能とする知識を持っていることが前提にあるので、販売をすることは難しいことではありません。通常の仲介業務ではなく直接に買取をしている会社であれば安心して任せることができるのではないでしょうか。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>