再建築不可物件が市場に流通

再建築不可物件が市場に流通

再建築不可物件が市場に流通 再建築不可物件が市場に流通する主な流れは、何とか建て直すための方法はないかを模索して、道路を拡張する等の対策を取れた場合には一度取り壊して更地にすることがあります。更地のままでも良いのですが、その上に建て直しで売ることもあります。再建築不可のままで流通させるには、古く建物ではリフォームが必要です。

リフォームといっても小さなものから大掛かりなものまで色々ありますが、再建築不可物件の場合には高額になるため、まとまった費用を用意しなければなりません。それでも古くて不具合のあるままでは売れませんので、少々高額でもリフォームすることになります。土地の価値が高くても再建築不可物件となるとなかなかスムーズに売ることができませんが、それぞれの物件に合った方法で流通させるために業者への依頼が必要です。一番良いのは建て直すことですが、それが叶わなくてもリフォームのように市場に流通させる方法はあるということです。

再建築不可の物件をリフォームを行う上で可能な規模の目安とは

再建築不可の物件をリフォームを行う上で可能な規模の目安とは 再建築不可の建物が発生する理由は、幅員4m以上の道路に2m以上接した土地に建物を建てなければいけない建築基準法の規定に違反しているため、建て替えができない状態にあるからです。そのため以前からそのような土地に住んでいる方は建て替えで新築で建てることができず、簡易のリフォームしか行うことができません。

もっとも再建築不可の建物をリフォームする場合でもその規模によっては、建て替えと同じ扱いになってしまうこともあるため、注意が必要です。リフォームを行う上では簡易から大規模という具合に程度に分かれるのが一般的で、その目安が必要になります。
その目安に関しては建物を建てると建築確認申請を行いますが、それを必要とするかどうかが目安になります。建築確認申請を行う必要があるリフォームには、増築・改築・大きな修繕や模様替えが該当します。
ただ再建築不可の建物でも建築確認申請を行うようなレベルの工事に至らない場合が存在しますが、その範囲内のリフォーム工事であれば問題なく行うことが可能です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>