専門業者に解決してもらう

専門業者に解決してもらう

専門業者に解決してもらう 再建築不可物件を所有していて売却したい方は、身動きが取れない状態に陥っていることがあります。
売りたくても購入者が見つからず、不動産会社に相談しても良い返事がもらえないことが多々あります。
やっと話しが進んだとしても、査定額の低さに愕然とすることもあるでしょう。
そんな再建築不可物件の相談は専門業者にすると良いです。
このような業者は単に買取や売却のことだけを考えていません。
不動産をいかに活用するかを考え、そこから得られる収益を最大限にする方法を提案してくれます。
豊富な経験と知識をもつ専門業者であれば、良い結果が得られる可能性が高くなります。
しかし、あまりに高値を期待していると意に反する結果に失望することでしょう。
再建築不可物件には大きなデメリットがあることを忘れないで下さい。
本来であれば取扱いさえままならないケースが、解決へ向け進むだけでも良いと思っておいた方が良いです。
あきらめる前に相談してみることをおすすめします。

再建築不可の物件も業者で仲介されていることがある

再建築不可の物件も業者で仲介されていることがある 再建築不可とは、取り壊した後に再建築をすることができないことを表します。
再建築不可の理由は、接道義務を果たしていないためです。
建物を取り巻く周辺環境は変化するので、こうした状態にある建物は建築基準法の規定ができる前から建てられている古い物となります。
こうした建物も業者で仲介していることがありますが、資産価値が低い分安く手に入れられることが少なくありません。
古い昔ながらの建物が多いので、レトロな民家に住んでみたいという人にとっては、安く手に入るというメリットが享受可能です。
ただし、メンテナンス費用はそれなりにかかることは想定しておかなくてはなりません。
場所的に建て直しをすることができないので、そこにある建物を長く維持させる必要があります。
業者によっては安く買い上げてそれを改装して付加価値をつけて高く売る、というビジネスモデルを構築しているところもあり、そうしたところでは、すでにリノベーションされているので建物の価値は高くなっています。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>