再建築不可の情報はここから!

「再建築不可物件」が人気物件に生まれ変わることはあるのか

「再建築不可物件」が人気物件に生まれ変わることはあるのか 再建築不可物件が人気物件に生まれ変わることはあり得ます。
しかし、それには幾つかの壁を突破することが必要で、運を天に任せるようなものであると認識すべきです。
再建築不可物件が道路に接していない場合、次のような状況下で人気物件へと大変身することが可能です。
ひとつ目として、区画整理などが行われ、道路拡幅によって幅員が4メートル以上の道路に生まれ変わった場合、この物件は建築が可能となります。
また、隣の土地が道路に接したものであり、その土地を偶然に購入できた場合、土地面積が増えるだけでなく再建築が不可から可能へと変わり、土地そのものの付加価値が大きく向上します。
いずれにしても、これらは意図的に行えるものではないため可能性は非常に低いと考えられますが、置かれた土地の状況などをよく観察しておけば、短期的にはあり得なくとも、長期的な変貌はあり得ると言って差し支えないでしょう。
決して投資をするという観点からではなく、事前にその街の発展性・成長性を見極めたうえでアクションを起こすことが必要と言えます。

再建築不可物件はリスクがある一方で税金が安いのがメリット

再建築不可物件はリスクがある一方で税金が安いのがメリット 再建築不可とされている不動産は、活用方法が制限されたり、その不動産自体を担保とした住宅ローンを組めないなど、さまざまなリスクがありますが、中にはメリットを評価してあえて購入する人もいます。
その再建築不可物件のメリットとしてしばしば挙げられるのが、税金がかからないことです。
例えば、土地や建物を購入すると不動産取得税を、所有している間は固定資産税や都市計画税を納めなければなりませんが、これらの課税額を決める際には固定資産税評価額が用いられます。
評価額は法令にしたがって、通常の取引において成立しうる金額として算出され、利用価値や資産価値が低い場合は当然低く出されます。
よって、この金額に所定の税率を乗じて算出される不動産取得税・固定資産税・都市計画税の3つの税の納付額も少なくなります。
固定資産税評価額が用いられることがある税にはこの他にも相続税や贈与税などがあり、納税義務が発生すると再建築不可物件の分は課税額が少なくなる場合がほとんどです。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>