再建築不可の不動産

再建築不可の不動産

再建築不可の不動産 再建築不可の不動産とは、「現在ある建物を解体して、新しい建物を建てる事が出来ない物件」という意味です。例えば都市部等で「二世帯同居をするから、実家を立て替えて使いたいというケース」や、「周辺の条件が良い古民家を見つけたら立て直して住みたいケース」等で再建築不可の条件に該当してしまうケースは少なくありません。具体的には、「接道義務に抵触しているのでNGである」となってしまうケースがとても多いです。

接道義務とは、「緊急時に救急車や消防車等の対策車両が、侵入出来る様な道路条件を満たしているか否か」という事だと考えて下さい。市役所や村役場の建築家だったり、町のHP等で確認出来る様になっている事もありますが「幅4m以上の道路に自宅の敷地が2m接する様に家を建てる事」が基本条件となります。古い時代からある義務では無く、義務が設定される以前に建物が作られた不動産であったりすると、今までの建物を改築して使うのは良くても新築して使う場合はNGになってしまう事が少なからずあります。「敷地のセットバック」と言って、道路から2m接していなかったとしても新築の建物を不足分だけ敷地内にバックさせる事で許可が出る事もありますが、建て替えの類を考えている時には必ず物件の詳細を把握しておく事をお勧めします。

再建築不可になる敷地の特徴と活用方法について

再建築不可になる敷地の特徴と活用方法について 所有している不動産が再建築不可となった場合、多くのケースが不動産の価値がないのでどのようにすべきか悩みを抱える人は多いといえましょう。敷地に接している道路が建築基準法に満たしているとき、接道幅と呼ばれる部分が2メートル未満では再建築不可になることが多いようです。この場合、接している部分を広げれば建築可能な土地に変えることはできますが、近隣でその土地を譲って貰うことは基本的に難しいものがあります。

再建築不可の不動産を所有しているときのポイントとしていえることは、建物を取り壊すとそれまでとなるなど現況の建築物をどのように管理するのかが重要な要素になって来ます。土台がしっかりしている建築物は基礎を作り替えることなくリノベーションを行うこともできますし、古民家を購入して家づくりを楽しみたい人に売却するなどの方法が存在します。敷地そのものは価値が低くなるものの、価格が安いなどの理由から再建築不可の不動産需要はあるといいます。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>